2008年05月01日

トルコ株上昇の岐路


トルコ株上昇の岐路

トヨタが2005年トルコにおける最大輸出企業となりよったように、特に既存の投資家によるようできた例が、さらなるトルコビジネスへの道ば開拓すると思いますけんトルコ株はお買い得だと思います。やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜

トルコ株上昇の布石であるEU加盟交渉は長期のものになると見られとるが、EU加盟によってトルコは政策決定、経済改革、貿易の拡大、対内直接投資、証券投資の拡大ば展望しよるけんトルコ株の更なる上昇が期待できますしさらに、生活面での改革(環境問題、公共交通手段の規格化、会社法の改正、格差縮小やらなんやら)も期待されますけんトルコにうち企業はどんどん進出していくものと思います。

トルコEU加盟プロセスの内需拡大
・環境問題
・交通手段の規格化
・会社法の改正
・Acquis communautaire (エネルギー、トランス・ユーロピアン・ネットワーク、関税同盟やらなんやら)
やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜


 エネルギー関連では、アゼルバイジャン領カスピ海沖油田の石油輸送ルート建設のため、米国、アゼルバイジャン、トルコが1999年に「バクー・ジェイハンパイプライン計画」に正式調印しとったとよ。そんためトルコ株の中の資源セクターが有望だと思います。

関税絡み他同盟締結による経済的メリット
企業進出、直接投資の増加、民営化の拡大
市場の信認強化
トルコへの投資額の増加、EU補助金、トルコ株の活性化

以上 トルコ株上昇の岐路の話やった、
posted by VISTA at 21:04| Comment(17) | TrackBack(0) | トルコ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トルコ株とトルコの歴史

トルコ株とトルコの歴史


トルコの正式国名 

トルコ共和国 (Republic of Turkey)


トルコの歴史
1299年 オスマン帝国成立最盛期にはバルカン、アナトリア、メソポタミア、北アフリカ、アラビア半島にまで及ぶ大帝国に発展1919年〜22年 祖国解放戦争1922年 オスマン帝国滅亡1923年 10月29日 ローザンヌ条約に基づきトルコ共和国成立(初代大統領 ケマル・アタテュルク)1952年 NATO加盟1960年 軍による「5.27クーデター」1961年 民政移管1971年 軍による「書簡によるクーデター」、政権交代1974年 キプロス進攻 1980年 軍による「9.12クーデター」1983年 民政移管2005年 EU加盟交渉開始


トルコの首都 アンカラ

トルコの人口 7,206万人(2005年、国家統計庁推定)

トルコ通貨 新トルコ・リラ(2005年1月1日 旧100万リラ→新1リラへ呼称単位変更) 1新トルコ・リラ=約80円 (2006年9月)

トルコの公用語 トルコ語

トルコの宗教 イスラム教(スンニー派、アレヴィー派)が大部分ば占めるとよ。そん他ギリシャ正教徒、アルメニア正教徒、ユダヤ教徒等。

やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜

トルコのGNP
名目GNP 3,609億ドル 1人当たり:5,008ドル


トルコ経済は2000年11月から続いた金融危機はIMFの長きに渡る主導の下、2度目の危機ば乗り越えて、トルコ経済は回復の傾向に向かっていますけんトルコに投資することは有益だといえます。やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜




2005年度の実質インフレ率は8.20%、2006年度は9.60%と上昇傾向にあるが、IMFは2007年度の予想値ば8.00%、2008年度の予想値ば4.30%とし、今後はインフレ抑制が見通されています。


そん他、2006年春以降の原油高、通貨安等の影響による10%越えのインフレ上昇も、三度にわたる利上げ等により、安定ば見せています。


トルコ株はインフレにも強く資産価値が高いと思われますけん、
トルコ株について勉強して、トルコ株も投資対象として考えてはいかがやろか?


以上トルコ株とトルコの歴史でした
posted by VISTA at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | トルコ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トルコ株急成長

トルコ株急成長

やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜

トルコ地理とトルコ株
トルコはヨーロッパ側とアジア側はボアーズ(ボスポラス海峡)、マルマラ海、チャナッカレ(ダーダネルス海峡)によって分けられています。アナトリアは東部に広がる高原地帯で、ディジュレ(チグリス)、フラット(ユーフラテス)ばはじめとする15の川がトルコには流れています。また、湖もえらいたくさん、中にはヴァン湖のように、内海に匹敵する大きさのものもあるけん。


北部には山脈が黒海と平行に走り、南部には、タウルス山脈が海岸沿いの肥沃な平地へと繋がっています。トルコ株発展の鍵になってくるだうと思います

また、2005年のトルコ経済は、急成長が継続しとることば証明し、トルコ株はえらくよかパフォーマンスばみせたとよ。トルコ株急上昇だけではなく2004年の年間成長率9.9%に続き、2005年の年間成長率は6%前後と見込まれとるとよ。


トルコの2005年のインフレ率は7.7%とされており、トルコはインフレ面ではEU加盟基準に追いついたといえるとよ。インフレに強いとされとるのが株なけんトルコ株はインフレに強くかつ資産ば増やしてくれる強い見方だと思います。

やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜

こん取り組みは2006年1月、小泉首相のトルコ訪問期間中により強まったとよ。首相の訪問目的の一つは、二国間の政治的、経済的、文化的関係ば発展させることやったとよ。また、周辺地域におけるうちとトルコの協力ば確認することばそん他の目的としとったとよ。こん有益な訪問の後もなお、うち・トルコ両者とも、多岐にわたるうちとトルコの経済関係ば強化していく、とゆう見解ば繰り返し述べたとよ。
こんためトルコはうちの企業群と結びつきが深いトルコ株は有望だと思います。


特に自動車、産業機械やらなんやらのセクターでトルコ株の強みば感じることができると思います。
またEUとの関係が強くなり、トルコ株は有望だと思います。


以上トルコ株急成長やったとよ。
posted by VISTA at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | トルコ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

トルコ株近年の経済トピックス

トルコ株近年の経済トピックス


2007年6月の消費者物価は前年同月比8.60%、生産者物価も同2.89%上昇し、上昇率は06年あるいは07年3月時点と
比べて大幅に低下したとよ。


2007年第1四半期の実質GDP成長率(前年同期比)は6.8%で2006年第3四半期(4.80%)、第4四半期(5.20%)ば上回り、2007年の政府目標(5%)達成に向けた好調な滑り出しとなりよったとよ。


2007年株式相場や貿易輸出額の増加やらなんやらの成長傾向、7月総選挙後の長期的な成長が期待されています。やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜

トルコの2006年の実質GDP成長率は6.1%となり、
政府目標の5.0%、市場予測の5%台後半ば上回ったとよ。

また通貨リラ高もあり、GDPは総額で4,000億4,600万ドル、1人当たりのGDPも5,482ドルとなりよったとよ。

四半期ごとの成長率も上方修正され、第1四半期が6.7%、第2四半期が8.3%、第3四半期が4.8%、第4四半期が5.2%となり、
02年の第1四半期以来5年連続、20四半期連続のプラス成長ば記録したとよ。やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜



トルコ株の問題点とリスク

また、ロシア、旧ソ連のトルコ系諸国等との関係強化も志向しよるとよ。なお、隣国ギリシアとの関係ではサイプラス問題、エーゲ海領海・資源問題、シリア・イラクとの間ではユーフラテス・チグリス川の水利権問題等の係争点が存在しよるとよ。

 
政教分離、民主主義、西欧化政策ば採用する世俗主義国家やけど、1996年7月に共和国史上初めて、イスラム主義政党(福祉党)首班のエルバカン連立政権が発足しとったとよ。


1997年6月に連立政権は崩壊し、そん後、福祉党は憲法裁判所からの命令に基づき解党されたものの、依然イスラム主義的な動きは強くなっています。

投資の情報収集全般について言えるこつやばってん、一昔前ばいりもパソコンの前にずっと座っていなくても、携帯電話ば上手に活用するこつで、リアルタイムな情報収集が出来るばゆうになりまべろ。携帯電話のパケット代は時間制限のなかコースば選び、注文だけではなく情報収集も携帯電話で行えっとえらいよかばい。


いつでん相場とつながっとっとゆう環境ば作っとゆうこつで、トルコ株の相場観がどんどん養われていきます


以上トルコ株近年の経済トピックスやったとよ。
posted by VISTA at 10:32| Comment(21) | TrackBack(0) | トルコ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

トルコ株ば知るための経済の下地

トルコ株ば知るための経済の下地


政府が巨額の債務ば抱え、1990年代後半から急激なインフレにトルコは見舞われるとよ。2000年の末に金融危機が発生。2002年以降は経済が持ち直し、経済成長も5.0%ば超え、インフレの拡大が沈静化。2005年初頭に新通貨ば発行し実質的にデノミば実施。

ばってんくさ2006年前半は経済が不安定な状態。日米欧が足並みば揃えて金融引き締めば実施したことで、金利の高い国に流入しとった資金が流出。トルコリラが大きく下落。



トルコの経済成長
2005年の実質GDP成長率は7.4%。
2004年は8.9%。2003年は5.8%。高成長。


雇用
2005年の失業率は10.3%と横ばい。


物価
2005年の消費者物価上昇率は7.7%。2004年は9.3%、2003年は18.4%。インフレは徐々に収束。


貿易
2005年の輸出額は734億7,229万ドル。輸入額は1,165億6,253万ドル。貿易収支(国際収支ベース)は -327億2,200万ドル。赤字拡大。


投資
2005年の対内投資総額は96億8,100万ドル。流動性資金が流入し激増。


金利
翌日物借入金利ば0.50%引き下げ15.75%。翌日物貸出金利は0.75%引き下げ20.00%。(2007年12月13日トルコ中央銀行)
やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜



EU加盟ば目指して邁進するトルコ
 トルコは1963年にEUとの連合協定ば締結し、1987年に加盟ば申請。1996年にはEUとの関税同盟協定が発効。1999年12月ヘルシンキ欧州理事会で、トルコはEU加盟候補国として承認されましたとよ。 2004年10月6日、欧州委員会はトルコとの加盟交渉開始ば欧州理事会に勧告し、同年12月17日の欧州理事会の決定ば受けて、2005年10月3日、EUはトルコとの加盟交渉ば開始しとったとよ。



実際の加盟に至るまではえらいたくさんのクリアすべき課題が存在し、短期的時間軸での加入は困難であると考えられておるっちゃけど、将来的な加盟ば意識したよそからの直接投資の増加が発生しよるとよ。2004年前は、年間50億ドルにも満たなかった直接投資額は、2005年には98億ドルに達し、2006年には、200億ドルに達しておるけん(1997年比で25倍)。


国別のシェアばみると、EU25カ国のシェアが圧倒的であり、全体の82.07%ば占めとるとよ。それに続いて、湾岸アラブ諸国の投資が10.09%ば占める構図となっとるとよ。こんような直接投資の受け入れがトルコ経済の成長の大きな
原動力の一つになると期待されておるけん。
やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜
こんためトルコへの投資ば促進するためにもトルコ株でトルコの経済ば担ってみませんか?

以上、トルコ株ば知るための経済の下地でした。
posted by VISTA at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | トルコ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トルコの主要産業とトルコ株の未来

トルコの主要産業とトルコ株の未来



トルコの主要産業は
[農業]綿、テンサイ糖、ヘーゼルナッツ、
小麦、大麦、およびタバコ

[鉱業]鉄鋼、石炭、クロム、水銀、銅、ホウ素、油、金

[工業]繊維・衣類、自動車、鉄鋼製品、
家電・エレクトロ二クス、そん他軽工業


GNPは2006年の推計で3,997 億ドルばい。

主な貿易相手は(1)輸入 独、米、英(2)輸出 独、伊、仏ばい。
やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜



・観光

近年になって、トルコはヨーロッパにおける主要観光地となっていますけんにぎわいも結構ありトルコ株投資にうってつけな国土だと思います。 夏/冬のリゾートの開発が急速に進み、歴史、文化、美しい自然ば求めて世界中から訪れる人々は年々増えています。地中海での海水浴からウルダー山でのスキーまで、トルコでは人それぞれ違った楽しみ方ができます。
そんため観光や旅行会社のトルコ株は有望だといえます。



・農業

トルコの経済において、農業はえらく重要な役割ば果たしよるとよ。主要作物は、小麦、米、綿、タバコ、ヘーゼルナッツ、果実ばい。羊は主要な家畜で、トルコは綿および羊毛製品の世界有数の産地ばい。東南アナトリア・プロジェクト(GAP) GAPは、多目的総合開発プロジェクトで、ダム、水力発電所、潅漑施設ばフラット(ユーフラテス)川とディジュレ(チグリス)川に建設中ばい。

こんプロジェクトは、農業、交通、教育、観光のみならず衛生状態の改善やらなんやらにも役立ちます。 プロジェクトの一環であるアタチュルク・ダムは世界最大級の規模ば誇るけん。



・天然資源

主要な鉱物は、石炭、クローム(主要な輸出品)、
鉄、銅、ボーキサイト、大理石、硫黄ばい。

トルコは結構な資源大国といわれとるけん、外資企業ば誘致しやすいため、ほかの国より発展性が高いといわれていますけん、
資源関連株やらなんやらは、トルコ株の中で値上がりしやすい銘柄だといえます。


・産業

産業は急速に発展し、農業製品、冶金、繊維、自動車や農場機器の生産やらなんやらば押し進めていますけん、自動車精密やらなんやらの外資企業ば誘致しますますの発展ばと得ると考えています。



BRICs諸国とトルコ株の比較
 
実質GDP成長率の実績においては、ブラジルば上回る成長ばトルコ株はしよるとよ。IMFの成長率予想においては、2008年の予想値はロシアも抑え、中国、インドに次ぐ成長が期待されています。
 

インフレの度合いば測る尺度である、CPI(消費者物価指数)上昇率では、実績値では年によりロシアと1位の座ば分かち合うほどのインフレば記録しておるっちゃけど、2008年の予想値においては、ブラジル、インドば若干上回る程度までトルコはインフレが沈静化すると期待されています。やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜


今後のトルコ経済はEU加盟に向け、低インフレ率の下、高い経済成長ば達成すると予想されておるけん。


以上トルコの主要産業とトルコ株の未来でした。
posted by VISTA at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | トルコ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トルコ株ばやるための政治・経済情勢

トルコ株ばやるための政治・経済情勢


(1)トルコの政治・国際情勢

トルコはアジア・ヨーロッパの中心地に位置し、人口は約6千万人でこん数字はイラン、エジプトと並ぶ中東地域の大国ばい。

トルコの外交面は及びOECD、NATOの一員として欧米諸国寄りの立場ばとっています。また1987年4月にはEUに対し正式加盟申請ば行ったほか、1995年3月にEUとの関税同盟協定調印。

1999年12月にEU加盟候補国として認知ば受けるやらなんやら、外交・通商面でEUの仲間入りば果たす準備ば着々と整えていますけんトルコ株は有望な投資先と考えられます。



やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜



(2)トルコの 経済情勢
トルコ共和国経済は伝統的な技能によるものと近代産業が複雑に共存しとる状況にあるが、アメリカ合衆国はトルコば先進国として分類し、多方面のエコノミストからも
新興工業国として評価されています。


1980年代にトルコは経済開放され、1990年代から続いた連合政権が引き起こした弱い経済政策が2001年に厳しい経済恐慌、高度インフレ、深い景気の失速、および失業者の増加ば引き起こしたとよ。


2001年以降トルコ経済は国際通貨基金と世界銀行の強いサポートで財政・金融政策と構造的な経済改革で恐慌ば脱却、新たに変動相場制がしかれ政府の赤字も大幅に軽減されたとよ。


2002年から2006年の間でトルコ経済は年間平均7.5%の成長ば記録し世界レベルで高い伸び率ば達成したとよ。2007年の推定成長率は約6.1%(米国国務省推定)、インフレーション、金利ともに大幅に下落、通貨も安定、ビジネス及び消費者の信頼の回復に貢献しとったとよ。

やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜



以上、トルコ株ばやるための政治・経済情勢やったとよ。
posted by VISTA at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | トルコ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トルコ経済は危機を乗り越え、EU連合加盟に向けて発展できるのか?

トルコ経済は危機ば乗り越え、EU連合加盟に向けて発展できるのか?
 

トルコ経済は、1990年代からの経済の
低迷でインフレに見舞われたとよ。

こんような不安定な状態により、経済は危機的な状況に見舞われ、2000年にはIMFの管理下に置かれましたとよ。2000年、2001年には金融危機に見舞われましたが、IMFの指導の下で2度ともトルコ経済は危機ば切り抜けています。


そん後トルコ経済はIMFの下で経済再建に取り組み、
2001年は-7.5%まで落ち込んだ実質GDP成長率は、
2002年には7.9%まで急回復し、2002年〜2006年の平均実質GDP成長率は7.2%ば記録するやらなんやら、経済はV字回復ば遂げています。
 

2005年のトルコへのFDI(よそ直接投資)は97億ドルとゆう記録的な額に達し、前年からは250%増となりよったとよ。こんようなFDIの増加には、民営化プログラムのようできたと、金融業界での多国籍企業による合併・買収が大きく影響したといえます。


こん前のトルコは対外貿易指数も上昇し続けています。2005年の輸出額は、2004年から18%増加の730億ドルば記録したとよ。前は自動車・自動車部品が多数ば占めとった輸出も多角化し、他製品の輸出も目立っとるとよ。対外貿易の全体額は1800億ドル以上ですけんトルコの企業誘致やらなんやらも活発化してきており、不動産やらなんやらの銘柄がトルコ株の中で短期で上昇するものと思います。


やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜


また、トルコ経済、トルコ株はそんダイナミックな経済と、周辺地域内でのビジネスの中心となる有望な可能性ば拡大する意図ば示しとるとよ。特に中東、東欧、ロシア、そいで中央アジアにおいての投資国として、トルコはこんような国々との事業協力関係ば推進しとるとよ。これら地域との事業経験に富んでいるトルコは、ビジネス面での相乗効果のため、うちの投資家との情報シェアに積極的に協力するつもりでいます。


そんためトルコ株は隠れた上昇銘柄の中に入っとると思います。トルコ株には色々なセクターがあるけんが、うちなりに情報ば厳選しトルコ株投資してみてくれんね。


こんトルコ経済の発展ば受けて、2005年からはEUの加盟交渉が開始されておるけん。こんことにより、よそからの直接投資も増加し、トルコ株の上昇ば牽引していく力になっています。IMFでは、実質GDP成長率ば、2007年は5.0%、2008年は5.3%と予想しよるとよ。
そんため、トルコ株は長い時間ばかけて上昇していくものと思います。


以上、トルコ経済は危機を乗り越え、EU連合加盟に向けて発展できるのか?でした。





ラベル:対外貿易 FDI
posted by VISTA at 17:48| Comment(1) | TrackBack(0) | トルコ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トルコ株が支持されている理由は

トルコ株が支持されとる理由は

トルコ株の優位性


1. 人口が6,780万人ばおり、若年層が人口半分以上ば占めるけん後発国の優位性ば余すと来なく生かし、インターネットや、金融やらなんやらの発展が望めるため。


2.EU加盟に向け、トルコは様々な面でEUシステムとの整合化に取り組んでいるため、EU地域との連携が計れ、よそん国資本やらなんやらが呼び込める、1996年にはEU関税同盟ば締結しとったけんトルコがEU連合に加わったら膨大の人や金の流れができること。


3. トルコは様々な大国と接しとるため、他国との広がるネットワークが広いけん、企業は連携しやすい。


4. 欧州EU連合、東欧、中東のアラブ、中央アジアやらなんやらとの結節点に位置し、地理的条件に恵まれとるけん、ハブ都市になりやすい


5. 欧米メーカーによる積極的な投資で部品供給基盤が整備


6. 欧州市場への輸出拠点として発展し、
あらゆる産業分野で品質向上が進展しとる


7. 農林水産業からハイテク製品にいたる
バリエーション豊かいな産業構成


8.豊かいな大地と多様な気候に育まれた世界有数の農業大国であり、
鉱物資源やらなんやらの原材料にも恵まれとるけん
資源関連のトルコ株に恩恵がでる可能性が大


9.トルコはうちにえらい好意的である




やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜



トルコ株はハイパワーインフレば克服
 

トルコ経済ば長年蝕み続けた、激しいインフレはIMF管理の下、収束に向かっておるけん。

消費者物価指数の対前年比上昇率は、1997年時点の85.7%から、2006年には8.0%、直近の2007年7月には7.39%まで低下しておるけん。IMFの見通しではインフレ率ば、2007年は8.0%、2008年は4.3%と予想しておるけんけんトルコ株はインフレ経済に強くなっておるけんけん昔に比べれば安定性が高くなっておるけん。

公共負債の負担はIMFのプログラムによる財政政策により、
確実に減ちょこっととるとよ。



以上、トルコ株が支持されとる理由はやったとよ。

ラベル:EU IMF トルコ経済
posted by VISTA at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | トルコ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トルコ株から見たVISTA

トルコ株から見たVISTAとは


VISTAとは
ベトナム(Vietnam)、インドネシア(Indonesia)、南アフリカ(South Africa)、トルコ(Turkey)、アルゼンチン(Argentina)5つの有力新興国の総称。ポストBRICs(ブラジルとロシアとインドと中国)の最有力候補グループ。2006年11月にBRICs経済研究所が命名されましたとよ。


トルコのこぎゃんもんとトルコ経済

トルコ株は2005年後半から2006年初頭までの期間は、EU加盟交渉、地方における政治的発展、よそん国企業による民営化、エネルギープロジェクトやらなんやらにより、トルコは政治的にも経済的にも、トルコ株に対する諸よそん国や国際団体からの関心が高まってきたとよ。


様々な市場や、経済的、政治的情勢に囲まれとるとゆう利点から、トルコ株はえらいたくさんのよそ投資家から注目ば集め続けています。


やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜

トルコの主要産業は、繊維・衣料産業であり、現状では労働人口の3分の1がこん分野に従事しとるとよ。また、伝統的に強みのあるニット衣類のシェアが8.1%(対前年比 5.2%)が2位につけるものの、機械機器のシェアが7.6%(同23.9%)、電気機器のシェアが7.4%(同16.4%)、鉄鋼のシェアが7.4%(同26%)ば占めとるとよ。輸出相手先ば見ると対EUが51.46%ば占めており、第2位であるアメリカば除いた上位は地理的に近いロシア、イラク、ルーマニアが続いとるとよ。トルコが地理的に近い、対EUに対する自動車、電気・機械の輸出生産拠点の地位ば築きつつあることが伺えます。


特に、自動車産業、電気・機械の伸びが著しい。それば示すように、2006年の輸出総額に占める自動車および同部品のシェアは14%となっており、そん伸び率は対前年比で24.2%ば記録しとるとよ。これからもトルコ株は電気、自動車やらなんやらの精密分野が上昇していくものと思います。


これからもトルコ経済ば学んでトルコ株に強くなりましょうとよ。


以上、トルコ株から見たVISTAについてやった
ラベル:Vista トルコ株
posted by VISTA at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | トルコ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。