2008年05月01日

トルコ株上昇の岐路


トルコ株上昇の岐路

トヨタが2005年トルコにおける最大輸出企業となりよったように、特に既存の投資家によるようできた例が、さらなるトルコビジネスへの道ば開拓すると思いますけんトルコ株はお買い得だと思います。やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜

トルコ株上昇の布石であるEU加盟交渉は長期のものになると見られとるが、EU加盟によってトルコは政策決定、経済改革、貿易の拡大、対内直接投資、証券投資の拡大ば展望しよるけんトルコ株の更なる上昇が期待できますしさらに、生活面での改革(環境問題、公共交通手段の規格化、会社法の改正、格差縮小やらなんやら)も期待されますけんトルコにうち企業はどんどん進出していくものと思います。

トルコEU加盟プロセスの内需拡大
・環境問題
・交通手段の規格化
・会社法の改正
・Acquis communautaire (エネルギー、トランス・ユーロピアン・ネットワーク、関税同盟やらなんやら)
やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜


 エネルギー関連では、アゼルバイジャン領カスピ海沖油田の石油輸送ルート建設のため、米国、アゼルバイジャン、トルコが1999年に「バクー・ジェイハンパイプライン計画」に正式調印しとったとよ。そんためトルコ株の中の資源セクターが有望だと思います。

関税絡み他同盟締結による経済的メリット
企業進出、直接投資の増加、民営化の拡大
市場の信認強化
トルコへの投資額の増加、EU補助金、トルコ株の活性化

以上 トルコ株上昇の岐路の話やった、
posted by VISTA at 21:04| Comment(17) | TrackBack(0) | トルコ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トルコ株とトルコの歴史

トルコ株とトルコの歴史


トルコの正式国名 

トルコ共和国 (Republic of Turkey)


トルコの歴史
1299年 オスマン帝国成立最盛期にはバルカン、アナトリア、メソポタミア、北アフリカ、アラビア半島にまで及ぶ大帝国に発展1919年〜22年 祖国解放戦争1922年 オスマン帝国滅亡1923年 10月29日 ローザンヌ条約に基づきトルコ共和国成立(初代大統領 ケマル・アタテュルク)1952年 NATO加盟1960年 軍による「5.27クーデター」1961年 民政移管1971年 軍による「書簡によるクーデター」、政権交代1974年 キプロス進攻 1980年 軍による「9.12クーデター」1983年 民政移管2005年 EU加盟交渉開始


トルコの首都 アンカラ

トルコの人口 7,206万人(2005年、国家統計庁推定)

トルコ通貨 新トルコ・リラ(2005年1月1日 旧100万リラ→新1リラへ呼称単位変更) 1新トルコ・リラ=約80円 (2006年9月)

トルコの公用語 トルコ語

トルコの宗教 イスラム教(スンニー派、アレヴィー派)が大部分ば占めるとよ。そん他ギリシャ正教徒、アルメニア正教徒、ユダヤ教徒等。

やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜

トルコのGNP
名目GNP 3,609億ドル 1人当たり:5,008ドル


トルコ経済は2000年11月から続いた金融危機はIMFの長きに渡る主導の下、2度目の危機ば乗り越えて、トルコ経済は回復の傾向に向かっていますけんトルコに投資することは有益だといえます。やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜




2005年度の実質インフレ率は8.20%、2006年度は9.60%と上昇傾向にあるが、IMFは2007年度の予想値ば8.00%、2008年度の予想値ば4.30%とし、今後はインフレ抑制が見通されています。


そん他、2006年春以降の原油高、通貨安等の影響による10%越えのインフレ上昇も、三度にわたる利上げ等により、安定ば見せています。


トルコ株はインフレにも強く資産価値が高いと思われますけん、
トルコ株について勉強して、トルコ株も投資対象として考えてはいかがやろか?


以上トルコ株とトルコの歴史でした
posted by VISTA at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | トルコ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トルコ株急成長

トルコ株急成長

やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜

トルコ地理とトルコ株
トルコはヨーロッパ側とアジア側はボアーズ(ボスポラス海峡)、マルマラ海、チャナッカレ(ダーダネルス海峡)によって分けられています。アナトリアは東部に広がる高原地帯で、ディジュレ(チグリス)、フラット(ユーフラテス)ばはじめとする15の川がトルコには流れています。また、湖もえらいたくさん、中にはヴァン湖のように、内海に匹敵する大きさのものもあるけん。


北部には山脈が黒海と平行に走り、南部には、タウルス山脈が海岸沿いの肥沃な平地へと繋がっています。トルコ株発展の鍵になってくるだうと思います

また、2005年のトルコ経済は、急成長が継続しとることば証明し、トルコ株はえらくよかパフォーマンスばみせたとよ。トルコ株急上昇だけではなく2004年の年間成長率9.9%に続き、2005年の年間成長率は6%前後と見込まれとるとよ。


トルコの2005年のインフレ率は7.7%とされており、トルコはインフレ面ではEU加盟基準に追いついたといえるとよ。インフレに強いとされとるのが株なけんトルコ株はインフレに強くかつ資産ば増やしてくれる強い見方だと思います。

やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜

こん取り組みは2006年1月、小泉首相のトルコ訪問期間中により強まったとよ。首相の訪問目的の一つは、二国間の政治的、経済的、文化的関係ば発展させることやったとよ。また、周辺地域におけるうちとトルコの協力ば確認することばそん他の目的としとったとよ。こん有益な訪問の後もなお、うち・トルコ両者とも、多岐にわたるうちとトルコの経済関係ば強化していく、とゆう見解ば繰り返し述べたとよ。
こんためトルコはうちの企業群と結びつきが深いトルコ株は有望だと思います。


特に自動車、産業機械やらなんやらのセクターでトルコ株の強みば感じることができると思います。
またEUとの関係が強くなり、トルコ株は有望だと思います。


以上トルコ株急成長やったとよ。
posted by VISTA at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | トルコ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。