2008年04月25日

トルコ経済は危機を乗り越え、EU連合加盟に向けて発展できるのか?

トルコ経済は危機ば乗り越え、EU連合加盟に向けて発展できるのか?
 

トルコ経済は、1990年代からの経済の
低迷でインフレに見舞われたとよ。

こんような不安定な状態により、経済は危機的な状況に見舞われ、2000年にはIMFの管理下に置かれましたとよ。2000年、2001年には金融危機に見舞われましたが、IMFの指導の下で2度ともトルコ経済は危機ば切り抜けています。


そん後トルコ経済はIMFの下で経済再建に取り組み、
2001年は-7.5%まで落ち込んだ実質GDP成長率は、
2002年には7.9%まで急回復し、2002年〜2006年の平均実質GDP成長率は7.2%ば記録するやらなんやら、経済はV字回復ば遂げています。
 

2005年のトルコへのFDI(よそ直接投資)は97億ドルとゆう記録的な額に達し、前年からは250%増となりよったとよ。こんようなFDIの増加には、民営化プログラムのようできたと、金融業界での多国籍企業による合併・買収が大きく影響したといえます。


こん前のトルコは対外貿易指数も上昇し続けています。2005年の輸出額は、2004年から18%増加の730億ドルば記録したとよ。前は自動車・自動車部品が多数ば占めとった輸出も多角化し、他製品の輸出も目立っとるとよ。対外貿易の全体額は1800億ドル以上ですけんトルコの企業誘致やらなんやらも活発化してきており、不動産やらなんやらの銘柄がトルコ株の中で短期で上昇するものと思います。


やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜


また、トルコ経済、トルコ株はそんダイナミックな経済と、周辺地域内でのビジネスの中心となる有望な可能性ば拡大する意図ば示しとるとよ。特に中東、東欧、ロシア、そいで中央アジアにおいての投資国として、トルコはこんような国々との事業協力関係ば推進しとるとよ。これら地域との事業経験に富んでいるトルコは、ビジネス面での相乗効果のため、うちの投資家との情報シェアに積極的に協力するつもりでいます。


そんためトルコ株は隠れた上昇銘柄の中に入っとると思います。トルコ株には色々なセクターがあるけんが、うちなりに情報ば厳選しトルコ株投資してみてくれんね。


こんトルコ経済の発展ば受けて、2005年からはEUの加盟交渉が開始されておるけん。こんことにより、よそからの直接投資も増加し、トルコ株の上昇ば牽引していく力になっています。IMFでは、実質GDP成長率ば、2007年は5.0%、2008年は5.3%と予想しよるとよ。
そんため、トルコ株は長い時間ばかけて上昇していくものと思います。


以上、トルコ経済は危機を乗り越え、EU連合加盟に向けて発展できるのか?でした。





タグ:対外貿易 FDI
posted by VISTA at 17:48| Comment(1) | TrackBack(0) | トルコ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『トルコ株投資で分散投資』というブログを書いています。今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by トルコ株投資で分散投資 at 2008年06月05日 19:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94668839

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。