2008年04月25日

トルコの主要産業とトルコ株の未来

トルコの主要産業とトルコ株の未来



トルコの主要産業は
[農業]綿、テンサイ糖、ヘーゼルナッツ、
小麦、大麦、およびタバコ

[鉱業]鉄鋼、石炭、クロム、水銀、銅、ホウ素、油、金

[工業]繊維・衣類、自動車、鉄鋼製品、
家電・エレクトロ二クス、そん他軽工業


GNPは2006年の推計で3,997 億ドルばい。

主な貿易相手は(1)輸入 独、米、英(2)輸出 独、伊、仏ばい。
やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜



・観光

近年になって、トルコはヨーロッパにおける主要観光地となっていますけんにぎわいも結構ありトルコ株投資にうってつけな国土だと思います。 夏/冬のリゾートの開発が急速に進み、歴史、文化、美しい自然ば求めて世界中から訪れる人々は年々増えています。地中海での海水浴からウルダー山でのスキーまで、トルコでは人それぞれ違った楽しみ方ができます。
そんため観光や旅行会社のトルコ株は有望だといえます。



・農業

トルコの経済において、農業はえらく重要な役割ば果たしよるとよ。主要作物は、小麦、米、綿、タバコ、ヘーゼルナッツ、果実ばい。羊は主要な家畜で、トルコは綿および羊毛製品の世界有数の産地ばい。東南アナトリア・プロジェクト(GAP) GAPは、多目的総合開発プロジェクトで、ダム、水力発電所、潅漑施設ばフラット(ユーフラテス)川とディジュレ(チグリス)川に建設中ばい。

こんプロジェクトは、農業、交通、教育、観光のみならず衛生状態の改善やらなんやらにも役立ちます。 プロジェクトの一環であるアタチュルク・ダムは世界最大級の規模ば誇るけん。



・天然資源

主要な鉱物は、石炭、クローム(主要な輸出品)、
鉄、銅、ボーキサイト、大理石、硫黄ばい。

トルコは結構な資源大国といわれとるけん、外資企業ば誘致しやすいため、ほかの国より発展性が高いといわれていますけん、
資源関連株やらなんやらは、トルコ株の中で値上がりしやすい銘柄だといえます。


・産業

産業は急速に発展し、農業製品、冶金、繊維、自動車や農場機器の生産やらなんやらば押し進めていますけん、自動車精密やらなんやらの外資企業ば誘致しますますの発展ばと得ると考えています。



BRICs諸国とトルコ株の比較
 
実質GDP成長率の実績においては、ブラジルば上回る成長ばトルコ株はしよるとよ。IMFの成長率予想においては、2008年の予想値はロシアも抑え、中国、インドに次ぐ成長が期待されています。
 

インフレの度合いば測る尺度である、CPI(消費者物価指数)上昇率では、実績値では年によりロシアと1位の座ば分かち合うほどのインフレば記録しておるっちゃけど、2008年の予想値においては、ブラジル、インドば若干上回る程度までトルコはインフレが沈静化すると期待されています。やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜


今後のトルコ経済はEU加盟に向け、低インフレ率の下、高い経済成長ば達成すると予想されておるけん。


以上トルコの主要産業とトルコ株の未来でした。
posted by VISTA at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | トルコ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。