2008年04月25日

トルコ株ば知るための経済の下地

トルコ株ば知るための経済の下地


政府が巨額の債務ば抱え、1990年代後半から急激なインフレにトルコは見舞われるとよ。2000年の末に金融危機が発生。2002年以降は経済が持ち直し、経済成長も5.0%ば超え、インフレの拡大が沈静化。2005年初頭に新通貨ば発行し実質的にデノミば実施。

ばってんくさ2006年前半は経済が不安定な状態。日米欧が足並みば揃えて金融引き締めば実施したことで、金利の高い国に流入しとった資金が流出。トルコリラが大きく下落。



トルコの経済成長
2005年の実質GDP成長率は7.4%。
2004年は8.9%。2003年は5.8%。高成長。


雇用
2005年の失業率は10.3%と横ばい。


物価
2005年の消費者物価上昇率は7.7%。2004年は9.3%、2003年は18.4%。インフレは徐々に収束。


貿易
2005年の輸出額は734億7,229万ドル。輸入額は1,165億6,253万ドル。貿易収支(国際収支ベース)は -327億2,200万ドル。赤字拡大。


投資
2005年の対内投資総額は96億8,100万ドル。流動性資金が流入し激増。


金利
翌日物借入金利ば0.50%引き下げ15.75%。翌日物貸出金利は0.75%引き下げ20.00%。(2007年12月13日トルコ中央銀行)
やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜



EU加盟ば目指して邁進するトルコ
 トルコは1963年にEUとの連合協定ば締結し、1987年に加盟ば申請。1996年にはEUとの関税同盟協定が発効。1999年12月ヘルシンキ欧州理事会で、トルコはEU加盟候補国として承認されましたとよ。 2004年10月6日、欧州委員会はトルコとの加盟交渉開始ば欧州理事会に勧告し、同年12月17日の欧州理事会の決定ば受けて、2005年10月3日、EUはトルコとの加盟交渉ば開始しとったとよ。



実際の加盟に至るまではえらいたくさんのクリアすべき課題が存在し、短期的時間軸での加入は困難であると考えられておるっちゃけど、将来的な加盟ば意識したよそからの直接投資の増加が発生しよるとよ。2004年前は、年間50億ドルにも満たなかった直接投資額は、2005年には98億ドルに達し、2006年には、200億ドルに達しておるけん(1997年比で25倍)。


国別のシェアばみると、EU25カ国のシェアが圧倒的であり、全体の82.07%ば占めとるとよ。それに続いて、湾岸アラブ諸国の投資が10.09%ば占める構図となっとるとよ。こんような直接投資の受け入れがトルコ経済の成長の大きな
原動力の一つになると期待されておるけん。
やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜
こんためトルコへの投資ば促進するためにもトルコ株でトルコの経済ば担ってみませんか?

以上、トルコ株ば知るための経済の下地でした。
posted by VISTA at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | トルコ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94691032

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。