2008年05月01日

トルコ株急成長

トルコ株急成長

やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜

トルコ地理とトルコ株
トルコはヨーロッパ側とアジア側はボアーズ(ボスポラス海峡)、マルマラ海、チャナッカレ(ダーダネルス海峡)によって分けられています。アナトリアは東部に広がる高原地帯で、ディジュレ(チグリス)、フラット(ユーフラテス)ばはじめとする15の川がトルコには流れています。また、湖もえらいたくさん、中にはヴァン湖のように、内海に匹敵する大きさのものもあるけん。


北部には山脈が黒海と平行に走り、南部には、タウルス山脈が海岸沿いの肥沃な平地へと繋がっています。トルコ株発展の鍵になってくるだうと思います

また、2005年のトルコ経済は、急成長が継続しとることば証明し、トルコ株はえらくよかパフォーマンスばみせたとよ。トルコ株急上昇だけではなく2004年の年間成長率9.9%に続き、2005年の年間成長率は6%前後と見込まれとるとよ。


トルコの2005年のインフレ率は7.7%とされており、トルコはインフレ面ではEU加盟基準に追いついたといえるとよ。インフレに強いとされとるのが株なけんトルコ株はインフレに強くかつ資産ば増やしてくれる強い見方だと思います。

やっぱり、トルコ株口座開設ったいね〜

こん取り組みは2006年1月、小泉首相のトルコ訪問期間中により強まったとよ。首相の訪問目的の一つは、二国間の政治的、経済的、文化的関係ば発展させることやったとよ。また、周辺地域におけるうちとトルコの協力ば確認することばそん他の目的としとったとよ。こん有益な訪問の後もなお、うち・トルコ両者とも、多岐にわたるうちとトルコの経済関係ば強化していく、とゆう見解ば繰り返し述べたとよ。
こんためトルコはうちの企業群と結びつきが深いトルコ株は有望だと思います。


特に自動車、産業機械やらなんやらのセクターでトルコ株の強みば感じることができると思います。
またEUとの関係が強くなり、トルコ株は有望だと思います。


以上トルコ株急成長やったとよ。
posted by VISTA at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | トルコ株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。